Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/154-aabec8b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

休養明けのスノーストームは3着


東北の方を巡っている間にも愛馬は走ってくれました。

スノーストーム13戦目

スノーストーム
父:リンカーン×母:マチカネササメユキ (BMS:Woodman)
関西 清水久 厩舎 生産:ノーザンファーム

11月2日(土)福島11R磐梯山特別 芝2600m 良
16頭立て8枠15番 勝浦騎手 4番人気3着


二ヶ月半ぶりのレースとなったスノーストームは見所のある3着でした。
前2走は散々でしたので、放牧でリフレッシュできたのが良かったということでしょう。
以前のコメントでも解るように、あわよくば菊花賞…という欲がスノーストームを精神的に追い込んでしまっていたようです。

レースは中段後方を追走する形になりスムーズに追い込み、一瞬勝てるかなと云う手応えでしたが、やや足りず3着でした。
休養明けでの好走ですから、このクラスでも十分に勝ち負けする力があることが証明できました。
今後も長距離を中心に戦ってゆくと思いますが、上級クラスでは層が薄いところですので楽しみですね(^^)


11/2  清水久厩舎
2日の福島競馬では前が軽快に進んでいく流れのなか中団後方を追走。勝負どころからじわっとポジションをあげていくがあと少しのところで及ばず3着。「やっぱり走る馬ですね。そして、わかりやすい馬です。函館の時、最後の方はイライラして疲れていたのでしょう。若い馬ですからそういう疲れが嫌々する行動につながり煩さにつながっていたんだと思うんです。夏は馬場入りなどにも現れていましたからね。それをキッチリ間を空けてリフレッシュしてもらったことから今日はまったく難しい面を見せることもなく落ち着いてレースに臨めました。レースはそこそこ流れていたし、難しかったです。理想より苦しい形にもなったので、ロスを少なくして回れていれば勝ち負けまであったと思うと悔しいですが、タフな流れでも来れるほど力をつけている証でもあります。心身のいいときに使えればこのくらい走れるということですし、いずれこのクラスも卒業してくれるはずです」(勝浦騎手)「前回は使ってきていた分の疲れと馬場の影響がありましたから、立て直した今回は変わってほしいと思っていました。リフレッシュ効果もあり、普段から煩さがある馬ですが、今日は悪くなかったですね。縦長のタフな展開になりましたが、最後まで詰めてきているし、やはり力がありますね。滞在とはまた違って輸送がセットになってきますし、馬の状態をしっかり見つつですが、間を適度に取りながら使っていければと考えています」(清水久師)函館終盤戦は疲労が溜まり走りきれないところが出ていましたが、立て直した今回はまたいいときのような走りに戻ってきてくれました。ハンデ戦でもありましたし、恵まれた部分もあるのでしょうが、力を見せてくれましたし、また楽しみになりました。今後は続戦、放牧自体もまだ決めておらず、レース後の馬の状態をもとに判断して長めの距離のレースに向かっていきます。




さて、その前の週は以下の通り。

オードゥルルド8戦目
オードゥルルド
父:フジキセキ×母:オーベルゲイト (BMS:Kaldoun)
関東 栗田厩舎 生産:ノーザンファーム

10月26日(土)東京8R 3歳500万下 芝1000m 稍
18頭立て6枠11番 横山和騎手 15番人気
8着


久しぶりのレースとなったオードゥルルドは、芝の直線1000mに挑戦しました。

レースは後方から進み、しきりに左右に揺れる馬群のどこに進路をとるか、慎重に選ぶような騎乗となりました。
前とは差がありましたが近走では一番形になったレースだったように思います。
フジキセキ牝馬ですから元々短距離に適性があることは当然とは思いますが、やはりマイルなどよりは向いていると思います。

とは云っても1000m戦で勝ち馬とは1.1秒という差ですから、今後劇的に変われるかどうかについては楽観できません。
とりあえずはできれば同条件をもう一度試して欲しいと思います。


10/26  栗田徹厩舎
26日の新潟競馬ではじわっと進めて後方から。間を縫いながら終いは伸びていたが窮屈になったこともあり8着。「ちょっと気難しいところがあるようですが、今日跨がった印象ではそこまで気にならなかったですよ。直線1000mという条件も悪くないですね。極端に速い流れになったら話はまた別かもしれませんが、軽く持つこともできましたし、伸びそうな気配はありました。ただ、いくらか狭くなりかけていたので、馬もやや走りづらそうにしていたし、危険もあったので僕も無理矢理には突っ込めませんでした。そう考えるとまだ差を詰めることができたかもしれません。申し訳ありません」(横山和騎手)「調教の感じは悪くなかったですし、これまでと違った条件で変わり身を引き出したいと思って送り出しました。ちょっと気を使ったところはあったのかもしれませんが、これまでよりは終いにかけて伸びようとしているように見えました。もちろん結果を考えたら満足してはいけませんが、引き続き何とか内容、着順といいものにしていきたいと思います。今日は東京に臨場しているので馬を直接確認してからになりますが、状態次第では心身のリフレッシュを図らせていただくかもしれません」(栗田徹師)予定を延ばしてしっかり乗り込み出走を決めた今回。条件も変えてみてワンペースな部分を補えないかトライしてみました。実際の着順はもうひとつだったものの、ここ数戦のなかではいい競馬ができていたように徐々に良さを見出だせるようになってきているのかもしれません。場合によっては放牧に出すことも考えていますが、次走はいい結果に近づいてほしいと思います。



ストーンヘンジ13戦目
ストーンヘンジ
父:ディープインパクト×母:サンストーン (BMS:Caerleon)
関東 戸田厩舎 生産:白老ファーム

10月27日(日)東京7R 3歳500万下 芝2000m 良
12頭立て6枠7番 吉田隼騎手 10番人気
10着


ストーンヘンジは叩き2走目となり前進が期待されましたが、活力無く10着に終わりました。
前半で置かれるのはいつものことですから、ストーンヘンジは極めてハイペースになるような展開の助けがないと好走は望めない感じです。
坂に差しかかる辺りで前肢を広げていましたから、これは明らかに坂を苦手にしている仕草ですね。
上りのタイムは37.4秒ですから勝ち馬とはそれだけで2.1秒もの差があります。
そして近6走は1秒以上の差がある完敗ですので、巻き返せるようなイメージさえ湧きません。

これまでの成績を見れば2勝目が2000mではありましたが、どうも2000mを超える距離に適性があるとは思えません。
馬体重以上に大柄で、大飛びであり短い距離は苦手なのでしょうが、血の本質はマイラーなのかも知れません。
つまりはストーンヘンジは生まれながらにチグハグなんでしょうね。


10/27  戸田厩舎
27日の東京競馬ではスタートがゆっくりになってしまい後方から。勝負どころでは外からじわじわ進出して直線に向くも、最後はまわりと同じような脚色になってしまい10着。「続けてチャンスをいただいたのですが、申し訳ありません。調教師からはある程度の位置からでもいいと言われていたのですが、ゲートで半馬身くらい遅れてしまった上にその後に狭くなって後方からになってしまいました。道中はジワッと進めて終いにかけましたが、逃げ馬の後ろの集団がギリギリまで我慢している感じでしたし、少しずつ促しながら進めたかったので外に出していきました。結果的に馬場が乾いてきて内外の差がほとんどなくなっていましたし、差を詰めきることができませんでしたが、徐々に出していって直線に向かう格好は悪くなかったと思います。モタれはなかったですし、ちょっとずつ戻って来てくれている手応えもありますから、それが何とか結果として表れるようになってほしいですね」(吉田隼騎手)「もう少し位置をとれていれば違ったでしょうが、スタート後に寄られてしまいましたからね。それでも切り替えてそこで脚を溜めて、勝負どころではいい感じで上がっていけたと思います。最後は結果を考えてもいいと言い切れるものではありませんでしたが、外の方が芝丈が長くてむしろ乾きにくいところがありますから、一概に内がダメで外がいい馬場とは言えませんでした。続けて使ってもモタれを見せることはありませんでしたし、競馬の格好も悪くはありませんでしたから、引き続き結果をいいと思えるものにできるようにしていきたいですね」(戸田師)勝負どころから直線への走りは悪くなかったものの、最後は思ったほど差を詰められませんでした。一時期より状態は安定していますし、動きだけでなく実戦勘などもより戻ってきてほしいものです。この後は状態を見ながらどうするか判断していきます。




※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/154-aabec8b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

いらっしゃいませ!

プロフィール

きせき

Author:きせき
キャロットCでの一口馬主日記です。
モノを書いて生きてます。

気軽にコメントを残して下さいませ。

※ Link Freeです(^^)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。