Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/143-037696f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ペニーホイッスルの11に出資!

スノーストーム12戦目
スノーストーム
父:リンカーン×母:マチカネササメユキ (BMS:Woodman)
関西 清水久厩舎 生産:ノーザンファーム

8月18日(日)函館10R支笏湖特別 芝2600m 重
14頭立て7枠12番 黛騎手 9番人気14着

期待したスノーストームはなんとシンガリ負けという清々しい敗戦となりました。
まぁ評価としては9番人気ですから過剰な期待はしていなかったものの、やはり残念ではあります。

それにしても先週は勝って、今週は最下位って、振り幅広すぎ(^^;

いかに道悪が苦手といえども、あまりにも負けすぎじゃないの(>_<)
だいたい2戦連続で二桁着順というのは全くもってよろしくない。

あくまで自分の持ち馬での経験ですが、2戦連続二桁着順だった馬がその後に巻き返して上を目指せたことはほとんどありません。
スノーストームが稀な例になってくれることを願うしかありませんが、とにかく次走は底を測られるレースになることになるでしょう。


8/18  函館競馬場
18日の函館競馬ではモコッとしたスタートで後方を追走。2周目の向正面から動こうとするも全く進んでいかず14着。「ゲートはやや立ち遅れたもののこの距離ですし、焦らず後方からじっくり進めました。こんな馬場はどうかなと思っていましたが、道中の手応えはよく、あどこで仕掛けていくか考える余裕があるほどでした。でも、ハミをかけて追い出すと途端にノメってしまい、全然前に進んでくれませんでした。余力は残っていましたし、力量からもこんなに負ける馬ではないので馬場が影響した感じです。せっかく指名いただいたのに結果を出せず申し訳ありません」(黛騎手)「何とかもう1つ勝って秋に繋げたかったのですが…。ジョッキーの話にもあった通り、かなり道悪が響きましたね。上がってきた後の様子を見ても一杯一杯。まだまだ成長の余地を感じさせるつくりですし、後々はこんな馬場もこなしてくれると思いますが、パワーが付ききっていないだけに現状で今日のタフな馬場をこなせと言うのは酷かもしれません。この後は一旦栗東に戻した上でリフレッシュ放牧に出す予定です」(清水久師)前走は不利もあって全く走っていなかっただけに巻き返しを期待しましたが、今日は馬場悪化で全く能力を発揮することができませんでした。馬体、気性ともにまだまだ伸びシロが感じられるので、色々なことを経験しつつ、成長を遂げてもらいたいものです。



さて、大負けしたスノーストームの話はそれほどないので次の話題。


ファドーグ出資
ファドーグ
父:*シンボリクリスエス×母:ペニーホイッスル (BMS:*サンデーサイレンス)
関東 奥平厩舎 生産:白老ファーム


ファドーグ(ペニーホイッスルの11)に出資しました~(^o^)

ファドーグは母がキャロ出身馬にもかかわらず、売れ行きが悪かったですね。
上の2頭がそこそこ高額だったにもかかわらず結果を出せていないのが響いているようです。
プーカは今週出走予定のようで、できれば景気づけの勝利が欲しいですね。
シンボリクリスエスというのも今ひとつ人気がありませんよね~。まぁ解る気もしますが(^^;

そしてもう一つファドーグ不人気の要因としてネット上で囁かれているのは、厩舎に不満があると言うことですね。
私の所はスターノエルやフェルミオンがおり、今週デビュー予定のサグレスも奥平厩舎。
世間一般の評判はどうか知りませんが、私は全然気にしていません。
是非、奥平師にはそうした見方をハネ返すような仕上げを期待したいと思います(スターノエルとサグレスも)。

ファドーグは坂路を駆け上がる動画を見ると、非常に綺麗な脚さばきですね。
だからと云ってこの映像で走るのが決定的かと云えば別問題です。

例えば同じ父を持ち朝日杯FCを勝ったアルフレードのデビュー前映像を見れば、かなりバラバラな脚さばきなのが解ります(そう言えばアルフレードもなかなか売れなかったですね)。
と、云うことは坂路の走法では能力の見極めは難しいと云うことでしょう。

結果が出ていない上2頭と父が変わったのは、産駒にとって一つの転機となる可能性を秘めています。と、云うかそこに期待です。
リードホイッスルは右前の着地に癖がありましたが、ファドーグの歩様にはこれといった癖はありません。
ペニーホイッスルはOP勝ちや重賞2着もありますが、サンデーサイレンス産駒としては特に目立つ成績でもありません。
繁殖牝馬として期待されるサンデー牝馬は他に数え切れないほどいます。
したがって種牡馬が替わったファドーグが結果を出せないと、ほぼ繁殖牝馬として期待されることは無くなるでしょう。
そういう意味でもファドーグには頑張って欲しいと思います。


※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/143-037696f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

いらっしゃいませ!

プロフィール

きせき

Author:きせき
キャロットCでの一口馬主日記です。
モノを書いて生きてます。

気軽にコメントを残して下さいませ。

※ Link Freeです(^^)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。