Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/138-aa2d0832

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スノーストームもオードゥルルドも…

オードゥルルド6戦目
オードゥルルド
父:フジキセキ×母:オーベルゲイド (BMS:Kaldoun)
関東 栗田厩舎 生産:ノーザンファーム

7月13日(土)福島8R 3歳500万下 D1700m 良
15頭立て3枠4番 田辺騎手 13番人気11着


中間に転厩があり、久しぶりの出走となったオードゥルルド。
牝馬限定のダート1700mという条件でしたが、福島のレースということもあるし、決してレベルが高いということはなかったと思います。

で、結果は11着でした。
でも、レース運びとしては悪くはなかったと思います。
悪かったと言えば、やはり1700mという距離でしょう。
フジキセキ牝馬ですから、やはり短い方が良いに決まっています(多分ね)。

ここまで随分と休んでいるので、できることならば続戦で芝・ダートを問わず短いところも使ってみて欲しいですね。



7/13  栗田徹厩舎
13日の福島競馬では先団で流れに乗っていたが勝負どころ以降で手応えがあやしくなっていき伸びが見られず11着。「前回1200mを使ってたくらいだから1700mで形はつけやすかったですが、序盤は燃えていて途中で燃え尽きたような感じでした。行けるようならば行かせることも考えていましたが、ゲートの中でガタガタしがちだし、走りもやや偏った感じ。前さばきにぎこちなさがあって後ろが弱いから苦しさもあります。1700mがいいか1200mがいいか、明確なことは言いにくいですが、少し時計がかかるところであったりと恵まれるような条件が欲しいところもありますね。休み明けで気の良くないところも見せているような感じですから、使いつつ変わってきてほしいです」(田辺騎手)「輸送もあったのか美浦へ来たときが寂しく写るくらいでしたので、いい筋肉を少しでもつけてレースへ送り出せればと考えていました。蓋をあけたらふた桁増の馬体重ですが、もっといいものにできるのではないかという感触も持っていました。ただ、最初に心配していたときよりはいい状態で送り出せました。レースの進め方はある程度ジョッキーに託していましたが、ゲートで少し捌きを硬くしてみたり、ほかでもややぎこちない歩様をしてみたりと気難しいところを見せていました。また、レースの最中はかかるわけじゃないけどグーと燃えてみて、最後は止めるような感じになっていました。悩ましいのが正直な感想ではありますが、順調に使えていなかった分、気持ちもまとまりきれていないところがあるんだと思うんです。このあとの調整過程はあくまでも馬との相談によるのですが、適度に使いつつプラスに変えていければと考えています」(栗田徹師)心機一転で臨んだ復帰戦。心配されていた馬体、蹄の状態はしっかりケアされていたことを表すかのように問題なく順調にここまで来ることができました。レースは前半の行きっぷりが上々だったものの、消耗してしまったのか最後は踏ん張ることができませんでした。力の出し方などがまだしっかりしきれていない印象を受けるのですが、ブランクもありましたし、適度に使いながら変わり身を引き出していければと考えています。状態次第では放牧という選択肢も出てきますが、使いつついい部分を引き出していきたいところです。






スノーストーム11戦目
スノーストーム
父:リンカーン×母:マチカネササメユキ (BMS:Woodman)
関西 清水久 厩舎 生産:ノーザンファーム

7月14日(日)函館12R北海HC 芝2600m 良
11頭立て2枠2番 勝浦騎手 5番人気10着


先週は京都に行っていたのでレースもスマホから見ただけでしたが、非道いレースでしたね。
スタートでポジションが決まってしまい、ああなってしまっては誰が乗っていても同じだろうと思いますが、まったく動けずじまいでした。
おそらく最後方に下げて外に出した方がもっとマシな結果になったでしょうが、それをレース中に判断しろと云うのも無理な話です。

たしかに目一杯動いたわけではないので疲れもそれほど亡いのかも知れませんが、さらに続戦っていうことでちょっと驚きです。
屈腱炎は夏場の方が多発するし、しっかりケアして欲しいですね。
まぁ、何にしろ怪我がないようにと願うしかありません。



7/14  函館競馬場
14日の函館競馬では道中後方からになるも、スペースがなく勝負どころでも思うように動けず10着。「一番の馬が逃げるだろうからその後ろに付けるくらいでもいいと考えていたのですが、ゲートの出自体は悪くなかったもののその後に少し狭くなりましたし、思っていたよりも勢いがつかず後ろからになってしまいました。その後に上手く流れに乗れればまた違ったのですが、今日は行くところ行くところで狭くなってしまい、直線でもまともに追えませんでした。この馬の力を発揮できない状況になってしまいましたし、本当に申し訳ございません」(勝浦騎手)「パドックや馬場入りで少しチャカチャカしてはいましたが、中間の気配はいい意味で変わりありませんでしたし、動ける状態にあったと思います。それだけにこの馬の走りができず残念ですし、申し訳ない気持ちです。ジョッキーが言っていたように逃げるのが濃厚だった最内の馬を目標にできることを考えれば、内枠でも悪くないと思っていたんです。それが二の脚が思ったほどつきませんでした。道中はまだしも、他の馬も加速していく勝負どころでは他馬に乗りかかりそうになったくらいですし、直線もしっかりと追うことができませんでしたからね。昇級戦とはいえ今日は力通りの結果ではありませんし、次こそはいい走りをさせてあげたいですね。今日は目一杯に走っていないしダメージが少なければ次の2600m戦を考えるかもしれませんが、まずは数日状態をしっかりと確認してからですね」(清水久師)今日は内枠が悪いほうに出てしまい、ここぞと言うタイミングでゴチャついてまともな競馬ができませんでした。この後は状態を見ながらになりますが、引き続き函館開催での出走を目指していきます。





※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisekiwin.blog.fc2.com/tb.php/138-aa2d0832

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

いらっしゃいませ!

プロフィール

きせき

Author:きせき
キャロットCでの一口馬主日記です。
モノを書いて生きてます。

気軽にコメントを残して下さいませ。

※ Link Freeです(^^)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。