Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイアルーア初勝利

ようやく待ち兼ねたメイアルーアの初勝利です。
このままズルズル‥という嫌な予感もあったのですが、それも杞憂で順番通りに勝ち上がったという印象。

メイアルーア初勝利


序盤はやや後方に待機しましたが、外側にいたので競馬しやすかったようです。
マクったという派手なアクションではないけど少しずつ番手をあげて、3コーナ手前でマイネルフレッチャを先に行かせて、3コーナ過ぎにそれを追いかけるように上がってゆき、4コーナーでは差のない4番手くらい。
スッと抜け出して先頭に立ち、スプレンデレの追撃を首差しのいでゴール。
待望の初勝利となりました(^o^)

今後はジックリ成長して、中長距離で息の長い現役生活を送って欲しいですね。



※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

サグレスは久々の好走

サグレス2着


ルージュバックは強かったですね。

まぁ自分の馬ではないので、ただ凄いなぁと思って見てただけでしたが‥。

先週は圧倒的1番人気だったメイアルーアが4着惨敗。
今週は13番人気のサグレスが2着と、「これが競馬」という結果となりました。

サグレスはやはり芝があっているようで、しかも今回のように前に付けての展開がベストポジションですね。
けっしてパワータイプでもキレがあるタイプでもないので、もうこの戦法固定でお願いしたいです。
ただ、どうもサグレスはムラ駆けするようで掲示板圏内と二桁着順が同じくらいあるので、陣営もまた迷ったりするかも知れません。
フジキセキ牝馬ですから、2000mまで距離を延ばしていいとは思えませんが、ダートを走らせるよりは平坦中距離の方が向いていると思います。

奥平厩舎は矢作厩舎ほど出走数が多い厩舎ではないどころか、時には矢作厩舎の半分くらいしか出走させない厩舎ですから、続けて使って貰えるならとても嬉しいです。
まぁ一口馬主の方々は出走数を多くして欲しいというのは切なる願いですし、次走がちょっと注目ですね。

黛騎手のメンコ装着提案も良かったのでしょう。
黛騎手は、重大な騎乗停止を受けたこともあるし、今のところ評価が高い騎手ではありませんが、こうして一つ一つ信頼を勝ち取ってもっと上を目指して欲しいですね。
この馬では無理ですが、もう一度、いや何度も重賞の舞台で勝って欲しいと思います。

それからアウトオブタイムの13に出資しました。
もう少し様子見したかったのに2度も注目馬に採り上げられてしまい、踏みきらざるを得ませんでした。
クラブの営業努力に負けました(^^;
ご一緒の方よろしくお願い致します。



※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

グリューヴァイン初勝利

本年の初勝利はグリューヴァインの初勝利でもありました。
ひょっとすると牧田厩舎も今年の初勝利なのかな?

不運な除外後のレースでしたので、十分な仕上がり状態でしたね。
調教時計の感じから、D1200mもそれほど苦にはしないだろうなと思いましたが、スタートも良く、位置取りも万全で、危なげなく勝った印象です。

稍重というのも馬格がないグリューヴァインにとっては好都合だったように思います。
時期的なこともありダート路線での初勝利となりましたが、デビュー戦を見る限り芝にも適正がありそうです。

グリューヴァイン初勝利


牧田師はまだお若いですし、厩舎もまだこれといった活躍馬も出ていません。
ミッキーパンプキンは清水出師から引き継いだ馬ですから、一から育て上げた馬ではありません。
昨年は開業以来初めて一桁勝利に落ち込んでいます。
重賞も未勝利の厩舎ですし、セレブリティモデルが背伸びしてクラシック挑戦したものの、キビシイ結果しか残していません。
当然のことながら早く厩舎の看板となるような馬を作りたい気持ちがあるだろうと思います。
ですからグリューヴァインも牧田師のお眼鏡に適えば、同厩馬よりも入退厩に際しては優先されるようになるかもしれません。

まだ大口を叩けるレベルではありませんが、グリューヴァインで厩舎重賞初勝利など獲れたらサイコーですね(^^)



1/25  牧田厩舎
25日の京都競馬では五分のスタートから無理せず好位を追走。直線半ばで抜け出すと危なげなく優勝。「前走は1400mでも追走に手間取りましたが、今日は楽についていけました。まだ力がつききっていないので、脚抜きのいい馬場、直線平坦な京都コースも合いましたし、内枠も良かったと思いますが、何よりも一度使って馬が変わっていましたね。レース後も息遣いなど楽そうでした。このレースぶりなら上のクラスでも楽しみです。今日はありがとうございました」(藤岡佑騎手)久々を叩いた効果は抜群で、前走とはスタートから行きっぷりが違いました。現状まだ力がつききっていない中でもこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、今後が楽しみでなりません。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。





※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

シャイニングレイ、ホープフルSを快勝!

今年締めくくりの出走となったシャイニングレイはホープフルSを快勝しました\(^o^)/

レースはもう王道ポジションで全く危なげのない勝利でしたね。
おそらく本番までそう多くレースを使うことはないと思いますが、どうか怪我だけはせずに行って欲しいと思います。

ホープフル



正直言って他の人気馬の実力については懐疑的だったので、案外楽なレースになるのでは(相手関係が弱メンでは)と思っていました。
ですからこのG2を勝っても朝日杯のメンバーと当たってからでないと、シャイニングレイの正しい評価は下せないのではと思います。
とは云ってもG2勝ちですから今後の夢は無限に膨らんでしまいます。

ダービーやJC、有馬、凱旋門賞はもちろん、ウインブルドンやモナコグランプリ、ワールドカップや本因坊戦もこの馬で勝てるんじゃないかとさえ‥ そんなワケはないか(^^;




引退も近づいたかと思われたヒールゼアハーツも、グッドラックHを4着と好走してくれました。このレースは3年前にも出走して3着でしたから、最も条件的に合うレースなのかも知れません。
これで、もう一年ヒールゼアハーツと一緒にいられます(^o^)




※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

メイアルーアはデビュー戦2着

メイアルーア新馬戦


メイアルーアがデビューしました。

芝の2000m戦ですから、将来を嘱望される馬達が集まるレースです。
メイアルーアは9頭中5番人気ですから評価は高くありませんでした。
厩舎、種牡馬、調教時計などを勘案すれば、まぁ、そんなものでしょう。

スタートはあまりよくはなく、さらに行く気を見せずに最後方。
もちろん意識して後方待機したわけではありません。
「置かれ気味」と云った方が正しい感じでポツンと最後方です。
しかも前半は63.3秒というスローな展開。

3コーナを回ったあたりから他馬のペースと揃いました。
4コーナーまでは最後方ながらも行き足がつき徐々に追い上げ、出走馬中最も速い上りタイムで結局2着でした。

スローな展開でここまで追い上げられたのですから、デビュー戦としてはまずまずなレースだったと思います。
欲を言えばもう少し早めの競馬ができればよかったとは思いますが、レースを見る限り、これは騎手のせいではなく馬に責任があったように見えました。

次走は確勝を願いたいところです。
見た感じでは時間を掛けてゆっくりと力を付けてゆくタイプかなと思いますが、どうかこの馬で厩舎初の重賞を獲得して頂けたらと思います。



伊藤大厩舎
16日の東京競馬ではややゆっくりとしたスタートで最後方からじっくりと進める。直線勝負に賭けて外からジリジリと伸びてくるが勝ち馬には及ばず2着。「スタートが抜群に速い訳ではなかったのですし、気性面も子供子供しているので外から主張されるとそちらを気にするようなところがあって譲ってしまい、後方からになりました。道中の走りやリズムは悪くなかったと思いますが、まだちょっと器用さに足りない分スッと動けないところもありましたね。それでも直線でスピードに乗ってからの伸びは悪くなかったですし、いいものは持っていそうですよ。今日跨がった感じだと距離が短くなってと言うよりは、延びて良さが出てきそうなタイプですね」(勝浦騎手)「普段が元気の良すぎるくらいの馬なので競馬場に来てどういう変化を見せるかを特に気にしていました。装鞍に関しては問題なかったのですが、前のレースの馬たちがいたりしてやや興奮気味になったのでしょう。馬っ気を見せていました。ただ、パドックの周回や人を乗せるとき、返し馬の時はこの馬としては無難にこなせたと思いますし、悪くなかったでしょう。レースは、スタートでもう少し出してくれてもという気持ちもありますが、練習のときから速くはなかったので致し方ない面もあるかもしれません。最後はよく走ってくれているし、初戦としては結果を抜きにすれば悪くなかったはずです。走ってくるはずだし、経験を積ませながらまた良くしていきたいですね」(伊藤大師)初入厩からデビュー戦までじっくり乗り込み調整してきましたが、まだ子供で幼い面も持ち合わせていました。初めての経験でどうなるかと心配した部分はありましたけれど、許容範囲内だったと考えています。まだ良化の余地があるなかで直線外からまずまずの脚を使って伸びてきましたし、今後につながる走りはできたのではないでしょうか。今日のところは目一杯に走っていると思いますので、今後放牧を挟むべきかどうかは様子を見て判断していきます。



※ 写真&コメントはキャロットクラブに許可を受けて使用しています。無断転載はお断りします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ
にほんブログ村

Appendix

いらっしゃいませ!

プロフィール

きせき

Author:きせき
キャロットCでの一口馬主日記です。
モノを書いて生きてます。

気軽にコメントを残して下さいませ。

※ Link Freeです(^^)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。